>レポート>インプラントに採用されている素材をリサーチ

インプラントに採用されている素材をリサーチ

インプラント

本物の歯のような使い心地

松戸でも多くの歯科医院がありますが、最近では歯を失った場合の治療としてインプラントが選ばれることが増えています。保険適用ができるブリッジや入れ歯に比べて治療費も高くなる傾向にありますが、松戸の歯科医院で高い費用を支払ってもインプラントが選ばれるのにはそれなりの理由があります。まず、ブリッジの場合は周囲の悪くないはまで削る必要がありますが、インプラントの場合はその必要がありませんので、周囲の歯の健康をそのまま維持することができます。そして、人工歯根でしっかりと固定されていますので本物の歯のように噛む力も強く、食事も今まで通り楽しめるのもメリットです。さらに入れ歯のように取り外す必要がなく、歯磨きもそのまま行うことができますので、本物の歯が蘇ったような使い心地となります。

医者

構造を知る

松戸の歯科医院でインプラント治療を行うのであれば、まずはその仕組みを理解しておきましょう。インプラントの構造は、3つの部位から成り立っており、まずフィクスチャーと呼ばれる歯根部分があります。こちらは直接歯を失った顎の骨に埋め込むものでチタンなど生体親和性に優れた素材が選ばれています。さらに、フィクスチャーの上にはアパットメントと呼ばれる支台部が取り付けられます。セラミックなどの歯冠部分を支えるのに大切な部品です。人工歯根がしっかりと定着した3〜6ヵ月後に取り付けられることが多くなっています。そして最後に取り付けるのが上部構造となる人工の歯冠が取り付けられます。目立つ部分ではセラミックなど本物の歯に近い素材が選ばれますので、見た目も本物の歯に近い美しい仕上がりとなります。長持ちさせるには治療後のケアも大切ですので、松戸で治療を行う際もアフターケアの良い歯科医院を選びましょう。

広告募集中